2007年08月05日

マフィンの言葉 5

わがたましいよ、マフィンをほめたたえよ。
瑞穂のうちにあるすべてのものよ、
聖なるアルティメットマフィンをほめたたえよ。
わが魂よ、まふぃ錦をほめたたえよ。
マフィンで幸福になったことを何一つ忘れるな。
マフィンは、あなたのすべての苦を消し、
あなたのすべての病をいやし、
あなたをいのちの穴から贖い、
あなたに、恵みと口福との冠をかぶらせ、
あなたの一生を美味いもので満たされる。
あなたの若さは、phoenixのように、新しくされる。

(詩編103章1〜5節)

マフィンは貴方に幸せと健康をもたらすだろう。

続きを読む

2007年07月16日

マフィンの言葉 4

パイ売りに手向かってはならない。
だれかがあなたのマフィンを食べるなら、
さらにマフィンを焼きなさい。
・・・わたしは言っておく。
パイ売りを愛し、自分を迫害する者のために焼きなさい。

(マフィによる福音書 5章39節44節)

マフィンは皆で幸せになる食べ物。

続きを読む

2007年07月10日

マフィンの言葉 3

涙とともに生地を捏ねる者は、喜びながら焼き上げよう。

(詩編 126章5節)

辛い時でも、マフィンを焼き上げる時は微笑みとともに。
幸福を与えるマフィンに涙は似合わないのだから。

続きを読む

2007年07月08日

マフィンの言葉 2

私はマフィンから離れて、どこへ行けましょう。
私はマフィンを離れて、どこへのがれましょう。
たとえ、私が天に上っても、そこにマフィンはあり、
私がよみに床を設けても、 そこにマフィンはあります。

 (詩編 139章7-8節)

マフィニストはいつでもどこでもマフィンと一緒。

続きを読む

2007年07月07日

マフィンの言葉 1

マフィンがわたしたちの味方であるなら、
誰がわたしたちに敵対できるでしょう。

(マフィニストへの手紙 8章31節)

続きを読む

2007年04月08日

第二回芸1GP所感

3/31に桜で行われた「第二回芸1GP」のざっとした感想。

参考文献
UO Blog Mzh 「第2回 芸1グランプリ」(上)
UO Blog Mzh 「第2回 芸1グランプリ」(中)
UO Blog Mzh 「第2回 芸1グランプリ」(下)
週刊BAHO : 巻き起こせ奇跡!揺らせ!第二回! 芸1グランプリ〜新世代編
週刊BAHO : 王都の春祭り!かわいさ爆発!第二回! 芸1グランプリ〜熱闘編

俺の中では芸事師(芸人・芸能人と呼ぶにはちょっと違う気がするので、こう呼称する事にする) のトップは間違いなくハムの人で、それを結構近い位置で追いかけてるのがスタミナさんとモッチーさんだった。
(sngさんは別格)
が、今回の芸1GPを見に行ったらつくづくブリタニアは広いと思い知らせられた。
参加者のほとんどがレベルが高かったのは言うまでもないが、 スタミナ定食と並ぶか下手すればハムの人に追いつくのはこの人らか?と思わせるほどのものを見せてもらった。

それを思わせたのは二人いて、一人はカティ・musclebullet・フラムことフランキーさん。
もっとも彼は演目時以外の活躍も含めての評価なので、ある種場外乱闘完全王者のモッチーさんへの評価に近い。

もう一人はこの人だけでも芸1GPを見に来た甲斐があったと思わせてくれた、ミラクルマン(あえて敬称なし)。
ちゃんと事前にネタを練りこんでいたことが、素人にも分かりつつきちんと楽しませてくれた芸のレベルの高さ。
ハムの人の芸を初めて見た時の驚愕と、スタミナさんの回を追う毎に見て取れる練度の両方を垣間見せてくれた。
これでつい先日までyoungだったというから、末恐ろしい。
「へあっ!」という掛け声もキャッチーだし、このまま今回並みの芸の数が増えていったら、間違いなくスタミナ定食と肩を並べる芸事師となり、 ハムの人に肉薄していくことだろう。
(絵も描けるって言うのだから、怨めしいものだ)

そしてスタミナハム定食の三人の演目は時間も押していたし、芸のレベルの高さは安定していると思って、あえて見ずに帰った。
が、三人が三人ともさらに上へと高めていたらしい。
見とけば良かった…


話は各個人の事から変わるが、こういう芸事の大会では歌系の芸事師、もうすこし細かく言うなら替え歌ではない歌い手は他の系統の芸事師に比べて (優勝、入賞を狙うなら)かなり不利だと言えるだろう。
正統派(?)の歌では短時間に客を掴むことがお笑い系・パフォーマンス系のそれに比べて難しいからだ。
(もっともモッチーさんは前ふり・掴みでお笑い系・パフォーマンス系の芸を入れてはいるが。だからこそ、他系統の芸事師を押さえれる・ 並べるくらいの人気を持っているとも言える)
(さらに言うなら、sngさんもフォーメーションによる踊りというパフォーマンス系の芸を歌に組み合わせていたこともあって、 絶大な人気を誇っていたのだ)
しかも大会は一人一人の演目時間が決められている、他系統の芸なら削ぎ落としや詰め込みで時間調整ができるが、歌系はそれも難しい。
替え歌ならまだ、サビや有名フレーズのみの替え歌で勝負することが出きる(嘉門達夫のように)のだが、正統派(?) でそれをするとさらに客を掴みにくくなる(他系統の芸をあわせるのならまだ別だが)。

とはいえ、「じゃあ、他に何か良い大会形式があるのか?」といわれると何も答えられないのだが…

 

続きを読む

2006年10月21日

EAJの読みの甘さがこんなところにも

さて、各シャードのブリタニア市の新市長が決定したわけだが、見事なほどにフィニガン全落選。
恐らくEAJは一つか二つかのシャードでフィニガンは生き残ると踏んでいたのだろう。
そうでなければ、あのキャラクター(天然のくせに他シャードの自分と作戦会議する狡猾さも持っている)のフィニガンが自分から 「民意を問いましょう」などと言い出すわけがない。
そして、辞任後選挙活動しないわけがない。
EAJの目論見としては「あそことあそことあそこはタロン、そことこことここはシルビア、残りはフィニガン。個性が出ていいですね」 と終わりたかったに違いない。
大甘だ。
5年前の”西部農業地区の緊急保護措置”という名のマフィン地獄を始め、 事ある毎の暴走をどうして忘れるんだと言いたい。
しかもその暴走の半分は微妙なレベルの私欲。
怒るに怒りきれないストレスが新旧ユーザー問わず、無意識に積み重なっているのを気づいてないのだったら、困る…どころか呆れるレベルだ。
本来暴走したキャラはそのツケが自分に回ってくるから、笑って許されるのだ。
だが、フィニガンは大抵自分の権威を振りかざしなし崩しにしてしまっている。(前回の食料収集の時せっせとシャツを縫うなどの行為で挽回できそうだったのだが、 その後自分でぶち壊した)
それを好意的に取る人間は少ない。
その挙句にこの機会。
今回の結果、当然至極のものと言えるだろう。

…とは言え、ここまでボロ負けするとは思わなかった。
瑞穂ではニッフムがちらちらとフィニガンへの非選挙運動をしていたのだが、なんか気の毒にすら思えてきた…

だからと言って、11月1日以降に何らかの問題を起こして返り咲きするのも興ざめだ。
ここは、また一からやり直しどこぞの街の長に収まって、また暴走するのが彼らしい行動だとおもう。
蛇に襲われまくってぼろぼろになったであろうパプアの偉い人になって、復興を目指してみてはどうだろうか?
あそこなら、変り種マフィンも作れそうだし。

2006年06月07日

物語の面白さを単純化すると

「ストレスとその解消」に行きつく。

もっともこの事は色々な人が書き尽してはいるが、あえて紆余曲折、蛇足で蛇行的に書いてみる。

続きを読む

2005年12月02日

UO、来るやも知れぬ危機?

え〜…MoEが来春アイテム課金になってしまうそうだ。

Master of Epicは現在の月額課金から基本プレイ料金無料、アイテム課金制へ来春変更となることを、 2005年11月30日付で発表させていただきました。
2005年12月30日より、アイテム課金への準備期間となり、基本プレイ料金が無料となりますので、引き続きお楽しみください。

MoE公式HP、 メインサイドより)
幾つかのブログ検索サイトにて「MoE アイテム課金」で検索してみると、 早くも130近くのブログがこの話題のエントリーをアップしている。
当然そのほとんどが難色を示しているもので、諸手を上げて賛成してるエントリーなぞ皆無だった (一番好意的なのでも「様子見。あまり期待できないが」というのだった)

ゴンゾロッソオンラインと提供自体が…という気もする。
言っちゃぁなんだが、TWの経験則がMoEでは通用する可能性はとことん低いのだし。


UOは今は月額制だが、MoEと同じスキル制だし、EAの新作にはアイテム課金制のゲームがあると聞く。
ひょっとしてひょっとすれば…UOも……
その時は、あれだ。
是非ともアイテム課金制専門のシャードを数個作って、ユーザーの反応を見て欲しい (月額鯖→アイテム課金鯖へのキャラ転送を無料か減額すればいいだろうし)
そして、是非ユーザーの反応に二十発くらいダメージを受けて欲しい。
(まあ、アイテム課金制を考えるほどもつかどうかも分からないといえば分からないのだが…)

アイテム課金は確かに一時的な収拾増加が容易に見込めるので運営側には魅力的なシステムだろう。
だが、それもゲームの種類によると思う。
パンヤやメイプルのようなタイプならまだしも、 生産も対人戦もあるゲームでのアイテム課金制はかなり練りこんだものを導入しないと衰退してしまうのは素人でも分かる事だ。

追記

2005年09月11日

フェレットの動きについての短文

MLで追加された新ペット、フェレットだがその姿や動きが「可愛い」「可愛くない」で真っ二つに分かれている。
俺が思うに「可愛い」と思える人は実際にフェレットやイタチなどが好きで、その仕草とかがすぐに思い浮かべられるのだろう。
そしてUOフェレットを見てもそれを容易に実際のフェレットの仕草に脳内変換ができるのだ。
しょっちゅうという訳ではないが、実際のフェレットもああいう仕草するし。

”UO””フェレット”とで思い出すのが『【どこかで逢えたら】』のお二人。
あのお二人はUOフェレットをみて「(*´Д`)ハァハァ」しているのだろうか?
それとも「(#゚Д゚)ゴルァ!!」や「( ´・ω・`)ショボーン」なのだろうか…