2007年09月21日

「速攻動画発動!”組曲『ぬこぬこ動画』”!!」

”組曲『ぬこぬこ動画』”?」
「他のブラウザをすべて閉じ、効果発動。
こいつは、セ○○を始めとする猫好きをおびき寄せ、その数だけ悶え死の屍と切なさの涙を作成することができる。」

「猫好きを悶え死に?
……ハッ!?」

と言うわけで、ニコ動ネタだが猫好きは必ず逝くと思うので紹介。



俺が見た中での”組曲『ぬこぬこ動画』”の源泉。
当然、これが源泉の全てではないとは思うが。
組曲を歌ってみたの背景が猫系動画・画像でまとめられている作品。


”組曲『ぬこぬこ動画』”本流始発点的作品。
作者の動画・画像フォルダを総動員して作られたものと推測。
(投稿動画サイト以外のものも多数見られるので)
作者オリジナルと思われるイラストもいい味を出している。
泣かせに掛かっているネタと笑わせに掛かっているネタが後の二作品に比べても多く、見ているほうの感情のふり幅が大きくなりそうだ。


先の(いわば)元祖に比べると、ニコ動を始めとする投稿動画の比率が大きい作品。
ふちゃエリ、おらほなどの一躍有名となった作品もふんだんに使われいている。
明らかに「狙った」ネタ(ハヤテとかネコ娘とか)も幾つか含まれているが、そのどれもがツボだったりするので、 個人的には現在これが一番好きだったりする。


(β)の改訂版とのコメントに偽りはなく、完成度がより高く、猫密度はより濃くなっている作品。
替え歌の練度もより高くなっている。
あえて難を上げるとすると画質の荒さだが、萌え死にするには何の問題もない。
むしろ、致死率を(若干)下げる作者の気遣いととってもいいだろう。

男性、女性ではなく男性の歌い手の出現が待たれる。


「やめてっ、猫好きのライフポイントはもう0よ」
MI☆SE☆RO



posted by 壬風蛙 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット駄雑記>見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。