2007年08月23日

”誠意大将軍"と自称した人の実態もああだったわけだし

唐沢俊一さんの盗作問題、というかコピペ問題。

『社会派くんがゆく! RETURNS』批判は人格の全否定ではない だけを読んで、『唐沢俊一ホームページ』「ニュース」にある”謝罪文”を読むと"ぐずぐずしてたなぁ"と位しか思わない。(薄いな、 とは思ったが)

だが、コピペされたほうの人が書いている経緯を読み進めて、 この件に対する周り(?)の反応を読むと、"誠意…誠意かぁ"と思ってしまう。

これで尽くしたと表現できるなら、エイベックスが「うちは誠意溢れる企業です」と主張しても受け入れられるのじゃなかろうか?


つーか、極悪人と嘯いてるんなら人格否定されても仕方なくないか?
って、それは相方(?)勝手な評価か。

posted by 壬風蛙 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット駄雑記>問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。