2005年07月09日

愛とバトルと不条理

その関係が柴田ヨクサルさんを彷彿させた。
戦闘シーンの演出なんかはそこまででもない(系統は同じだが)のだが、日常に唐突に前振りなしに急激に現れる、恋愛や戦い。
それは明らかに不条理で不自然なのだが、不思議と拒否感なしに読めていってしまう。
そう読ませられる物を描ける感性はホント柴田ヨクサルさんと同じ物を持っているのかもしれない。

個人的には"「絵」は柴田さんより上手いかなぁ"と思ってたりする…

『めぐみ77』



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。