2014年02月24日

自走de無双?

去年の12月からWoT、『World of Tanks』を始めている。
きっかけは、MHFで同じ猟団の人(Seさん)がそちらのニコニコミュニティも持っていて、そこの生放送を見ててなが感染。
てなのWoT放送を真夜中に見ていた俺が深夜のテンションでDL・インストしたことからだ。

特に戦車が物凄く好きというわけでもなく、アーミー系の知識もほとんどないのでずっと苦戦中だが、それでもちょっとした時間があれば「しようかな?」と思うくらい面白い。
開発ツリーは米国メインでT57とHellcatを目指しつつ、日本ツリーも進めている。
と、言ってもTier5で足踏み状態だが……
本当は軽戦車でドライブ爆散しつつ、目標を目指すはずだったのだが、そこにひょっこりと自走砲が待っていた。
射撃の感覚(というかシステム)が違うと聞いて、乗ったのが運の尽き。
今では一番勝率を稼いでいる。(51%だけど)

そんな"もしや、自分は自走砲が(他のに比べれば)まだあってるんじゃ?”と思い出した深夜、ちょっと嬉しいことがあった。
時は2月24日の2時過ぎ。
ふらっとWoTを始めてのっけに自走砲に乗り込んだ戦場で始まった。
mines.jpgマップは鉱山 
何か、そのときは妙に調子がよく、3キル4キルと(自分にしては)好成績を稼いでいた。
が、チーム自体はやや劣勢に思える状況だった。
”これは負けかなぁ?”と思いながらも狙い・絞り・撃ち込んでいたら、キル数が5・6と上がる。
”えっ!?”と思ったとき(自分の腕では奇跡に近いので)には、戦況は緑(自軍)▼■VS赤(相手軍)▼■■となっていた。
※▽:駆逐戦車(TD) □:自走砲(SPG)
そこから先はうろ覚え五段としては珍しく覚えている。
自陣付近で動かないこちらに痺れを切らしたか赤TDが近づいたところを緑TDが迎え撃つのだが返り討ちに合う。
が、そのすぐそこに自分が潜んでいたので直射で赤TDを撃破。
状況はVS■■となる。
この時赤SPGからの砲撃が来るが外れる。
自分一車となったので、突撃をかます。
マップの左端のほうからの敵陣地を目指し前進。
G~Hの2辺りでSU-122Aに遭遇、互いに気づく。
どちらも直射を狙い動くがこちらが一瞬早かったらしく撃破、被弾なし。
この時、また遠距離砲撃が来るがまた外れる。
ルートを変えようとGの3〜4を進んでいると、自陣が占領されているというアナウンス。
shot_002.jpg
まだ自陣のほうが近いので、自陣に戻る。
できるだけ見つからない(当然こっちからも見えない)コースを取りJの6で対峙。
マカロニみたいな撃ち合いをした結果、SU-5をも撃破。
shot_003.jpg
たぶん、ここまでの活躍はもう二度とないので、終わった後すごく興奮した。
相手SPGからの遠距離砲撃2発のうち、どちらか一つがかすっていれば(至近弾)当然俺の行動も変わっていたわけで(あそこまで強気で進めなかったのは火を見るより明らか)、こっちがついていた上向こうがついていなかったから起きた奇跡なのだろう。


終了後、なにやら勲章がたくさんもらえた。
shot_004.jpg
クラン(ギルド)の人らに奉告しようとしたら、誰もいなかった。
ので、ツイートするもツイピクの仕様でSSが小さくされたので、後でブログに書こうと誓い寝た。



タグ:WOT SPG
posted by 壬風蛙 | Comment(0) | TrackBack(0) | 亀駄文>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。