2007年03月24日

ウィスプダークだからウィスプ狩れるね!

現在、各日本シャードのライキュームがダークウィスプなる物に襲われているそうで。
包囲されると歴戦の勇士でも危うくなると聞き、どんなものかと覗きに行ってみた。

darkwisp0001.jpg
とりあえず、犬さんでルーンビートルを連れてテレポータ経由でライキュームに。
ついた途端囲まれて死亡。
darkwisp0002.jpg
孤軍奮闘してたルーンビートルも、近くにいた人に蘇生してもらって戻った頃には死んでいた。

たまたまそのときメッセで会話していた新さんに「まだ、クーシーとかのほうがいいよ」とアドバイスされたので、今度はクーシーをつれて出撃。
darkwisp0003.jpg
もともとの攻撃力が違うからか、クーシーは5体以上に囲まれさえしなかったら放置してもいけるくらいだった。
以後しばらくは人がそこそこいるときはライキュームの中で。
darkwisp0005.jpg
人が少なめの時は壁際に数匹誘導して、
darkwisp0011.jpg
dwが屋根の上にテレポして外に落ちてきたところを頂く、
darkwisp0006.jpg
と言う風にしばらく狩りを続けた。
ゆっくり慎重に(よそ見ちらちらしながら)狩っていたのだが、それでも一時間ちょいで100k近く行った。
以外に美味しい狩場なのかもしれない。


おまけと言うか、むしろ本題。
これのネタ作りのためにライキュームに行く気になった。

クーシー「狩るの!?これ、狩るの!?ねぇ!ダークウィスプ!ダークウィスプ狩る!?」
飼い主 「あぁ、狩るよ」
クーシー「本当!?大丈夫なの!?シャドウじゃない!?」
飼い主 「あぁ、ダークだから大丈夫だよ」
クーシー「そうかぁ!僕犬だから!犬だからオールネームできないから!」
飼い主 「そうだね。できないね」
クーシー「うん!でもダークなんだ!そうなんだぁ!じゃぁ狩っていいんだよね!」
飼い主 「そうだよ。狩っていいんだよ」
クーシー「よかったぁ!じゃぁ狩ろうね!ダークウィスプ狩ろう!」
飼い主 「うん、狩ろうね」
クーシー「あぁ!いろんな人がいるね!ね、ご主人様!」
 darkwisp0007.jpg
飼い主 「うん。前見てていいよ」
クーシー「あぁーご主人様と僕は今ダークウィスプを狩っているよー!囲まれると危ないから気をつけようねぇー!」
darkwisp0009.jpg

「信号青だから信号渡れるね!のガイドライン 2だよね!?」

ほとんど改変しなくてもいけたな。
さらにオマケ。

クーシー「あぁーご主人様と僕は今帰宅してるよー!油断してるとブリガンドキャンプに待ち伏せされるから、 気をつけようねぇー!」
darkwisp0008.jpg



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。