2007年02月07日

素人園芸

婆ちゃんを病院に連れて行った帰り、今日オープンしたばかりのホームセンターに寄ってみた。
まあ、品揃えはそう他所とは変わらないわけだが、たまたまミニサボテンが目に入ってきた。
ミニサボテンは今まで三本買ったことがあるのだが、どれも枯らしてしまっている。
いい加減あきらめればいいのだが、今回もまた買ったしまった。

"育て方に問題があったはずだから、今度は調べてみよう"と今更ながら思い、家に帰り着くと調べてみた。
すると「サボテンを救え!」というページがトップにヒットした。
どうも育て方以前に、ミニサボテンの販売時の状態にも問題があるようだ。
そこに書いてあることに従い、水に漬け込み接着剤で固められた砂を取り除こうとした。
が、水に漬け込んでた時間が短すぎたのか、接着剤が強力なのかなかなか取れない。
そこで仕方なく鉢を割ってみた。
後ろの市名は見なかったことに
ほう…サボテンの根っこってこうなってるのか…って根の髭が全くない!?
こりゃすぐに枯れるはずだ。
一時間以上水に漬けてたのに、中には全く滲みこんでなかったし。
ともかく、サボテンを傷つけないようにおっかなびっくりに接着際まみれの砂を除く。

買ったときの鉢にもう一度植えなおそうと思っていたのだが、割ってしまっては使えない。
家にはプラスチックや素焼きの鉢が結構あるのだが、どれも大きいので今のミニサボテンにはちと向かない。
(日光に当てる時以外はパソコンのそばに置こうと思っているし)
そこで、ごそごそと家捜しすると海苔缶の蓋が良い様に思えた。
それを小さめの鉢用の水受け皿の上に置くと
同じ携帯写真なのに、これだけ妙に綺麗に撮れているなぁ
悪くない感じだ。
蓋の底を電動ドリルで穴を開け、準備は完了。

流石にサボテン用の土砂までは買っていないし、置いてもないので普通の鉢植えのようにしてみる。
一応、庭や畑をうろうろして荒めの土を入れてみたつもりだ。
斜めになってるがキニシナイ
…少し、浅かったか?

他のページを見ると、植え替えなどは四月から九月のサボテンの成長期の時がベストらしいが、 待てるわけもなく。
後はこのサボテンの生命力に賭けるしかない。

これで無事根付いたら、ちょっと感動するかもしれないな。

posted by 壬風蛙 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑駄文>日記ぽいの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暖冬の昨今、少し気をつけてやれば気温に関しては大丈夫かもしれません。

ミニサボテンは私も枯らしてしまって悲しい思いをした経験がありますが、まさかデフォルトの状態からこんなにも悪い環境だとは。

「調べる」って大切ですなぁ…。
Posted by 安雲 at 2007年02月07日 23:14
5度までなら大丈夫だそうなので、安雲さんのところなら余裕でしょうな。
うちでも室内なら何とかなるし(寒い日は暖房が必要だが)。
春になったら再挑戦してみてください(w
Posted by 壬風蛙 at 2007年02月08日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。