2013年01月29日

迷○王に俺はなる

わけがない。

先に放送してしまったけれど、翠虎に誘われて いしのなかにいる こと、WizardryOnlineを少し嗜んでいる。
クローズドβの最初期に受かったのでやってみたのだが、ホントに最初期だったので選べる種族が人間しかなかったのですぐに飽きて撤退した。
それから一年ちょい。
本運営もとっくの昔に始まり、当然種族も出揃っていた。
wo_ashiro001.jpg
選ぶは当然ドワーフだが、ノームが(若い)女性化してたり(もともとの精霊としてのノームにも女性はいることはいるのだが、男女ともに老人の姿をとっている)、映画のヒットで財団の眼が厳しくなったのかホビットがいないのはいいのだが、小人枠がフェアリーとかではなくオリジナル種族の「ポークル」だったりして、ちょっとびっくりした。
(ポークルは”お前、タルとララフェルのミッシングリングだろ!”と突っ込みたくなるのは置いておく)
wo_ashiro002.jpg
wizのリセット要素の一つ、ボーナスポイントもあるのだが、すぐやりたかったので12で妥協した。
(噂では最高値は60オーバーらしい。53を出したブログ記事は確認した)
アライメントは中立。(初期設定はあまり意味がないらしい)
翠虎のPCが僧侶、もといんさんのPCが魔法使いなので、クラスは戦士にした。
あまり悩まなくてすむし。

暫くした上での武器の遍歴。
初期装備は片手剣と小型盾。
wo_ashiro003.jpg wo_ashiro004.jpg
この時点でミッション報酬でバトルアックスをゲットしていたのだが、重量制限で装備できず、ならばとドロップで手に入れた鈍器を装備。
wo_ashiro005.jpg
ドロップで両手剣クレイモアゲットしたので、装備。
”ドワーフで両手剣は珍しいかも?”と思ったら、ドワーフどころかポークルも結構担いでいた。
wo_ashiro009.jpg
その後、違うエリアに武器と防具の専門店があることを知り、そこで買い物した結果。
槍を担ぐドワーフという、ファンタジー小説や漫画ではまずお目にかからない装備となった。
槍は攻撃力が高くリーチも長く優秀な武器(気のせいかもしれないかノックバックが起き易いみたいだ)なのだが、他の武器に比べると格段に脆い(耐久度が低い)のが欠点だ。
ちなみに槍を構えている姿は兜のせいもあって、吶喊する日本兵っぽい。

ステータス関係はこんな感じ。
wo_ashiro006.jpg
アライメントのロウとカオスに数値が入っているのはNPCとの(クエスト・ミッション終わりの)会話で増減するから。
wo_ashiro007.jpg
状態異常耐性は実際に食らうと増えるようだ。

広場にあった掲示板。
wo_ashiro008.jpg
こぇぇよっ!!

posted by 壬風蛙 | Comment(0) | TrackBack(0) | 亀駄文>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。