2012年01月14日

年一看板は避けたい所存

看板を久々に変えた。
kh-20120104.gif
水滴とかが涼しげで少し今の季節には向かないが、次に変えるころには合っていることだろう……
今回のフォントは”篆書体”。
文字の進化の途中と言う感じで、このフォントも結構好きだ。

看板の画像はseesaaのサーバーではなくサクラのほうに上げていたのだが、ずっとあげっぱなしにすると自分が混乱してくるので、今使っているの意外全部消した。
その代わりにここ数年使った看板をseesaaのほうにアップしてみた。

過去の記事にも(書いていた分があれば)連動させてみる。

kh-20080222.gif
08/02/23に設置したもの。

kh-20080312.gif
08/03/12に設置した……はずのもの。
流石にこれほど短い期間で看板を入れ替えたことはないように思うのだが、ここまで作って設置しないわけがないし……どうだったんだろう?

kh-20081119.png
08/11/19に設置したもの。
困った時の筆文字フォントを手に入れたのもこの頃。
(最近の年賀状作成のにはあまりフォントが入ってないようなので、この頃手に入れといて本当に良かった)

kh-20090617.gif
09/06/18に設置したもの。
他のに比べると結構反応があったもの。
まあ、当然と言えば当然なのだが。
個人的にはウシガエルが~より、コウノトリやペリカンが〜のほうがショッキング。

kh-20100520.gif
10/05/20に設置したもの。
いや、この画像を見つけ時は心でガッツポーズを取ったものだ。
設置した後に教えてもらったのだが、東南アジアでは蛙を神様(あるいは神様の使い)とするところが少なくなく、その関連で凧にしているようだ。

kh-20110218.gif
11/02/18に設置したもの。
春待ち蛙、という感じで作って設置したが、春どころか夏も秋もそのまま置いていた。


次は夏ぐらいには新しいのを据えたいものだ……

posted by 壬風蛙 | Comment(0) | TrackBack(1) | ゑぶ弄り>Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

結果、避けられなかった
Excerpt: つくろう作ろうと思って一年オーバー。結果、年一看板となってしまった。ニコニコでブログサービスが開始されていて、ニコニコミュニティとも連動しているようなので釣餌代わりに本日始めてみた。そこの看板を作ろう..
Weblog: 蛙の独り言 二跳ね
Tracked: 2013-01-27 17:58

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。