2010年03月29日

どちらも好物

(2ch的)AAを読むのは少しばかりきついという人にはお勧めできないが(漫画の絵は突き詰めれば記号というのと、スターシステムに広い度量があれば大丈夫だが)、やる夫スレにはモンスターハンター系列の作品が幾つがある。
今回、自分が知ってるのを全部紹介してみる。

(自分が読み出した順)

「やる夫が狩人として生きるようです」
現行スレッド:
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1265469331/
まとめ:
AAまとめブログ(´∀`) おれがやる夫スレをまとめるブログ やる夫deまとめblog
モンスターハンターGの世界観を下敷きにしたオリジナルストーリー。
ストーリー重視なので、ゲームとの差異がいくつかある。
商業作品のラノベより個人個人の掘り下げた話を展開しているうえ、幾人かのキャラに重い設定があるのである程度やる夫スレを読んだ人向け。

「やる夫がフロンティアでハンターになるようです」
現行スレッド:
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1267701967/
モンスターハンターフロンティアでの(ほとんど無知の状態の)初心者ハンターとその仲間たちの話。
各話の終わりに解説が入る等、それなりにフロンティアへの導入にも役に立つように見える。
が、メタとストーリーとの共存の黙認がスレのお約束となっている、やらない夫が全やる夫系スレでもトップクラスの変態(嗜好ではなく思考で)のキャラとして書かれているため、やる夫スレ初心者にはお勧めできない。

「モンスターハンターやるお(仮)」
現行スレッド:
http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1269603382/ (スレ容量が低めの板なのでスレ消費が早いことに注意)
まとめ:
やる夫短編集 地獄編
モンスターハンターP2Gの世界観を下敷きにしたオリジナルストーリー。
やる夫が主人公補正がつかない上にやる夫作品が世に出だした頃の性格(マイナス思考・飽きっぽい・根性がない等諸々のネガティブスペック)な上、やらない夫が史上稀に見る純正変態。
しかも、展開を安価(アンカー指名)で決めることも多々ありカオスな展開が続いている。
カオス作品として名高い”スモチ荘”の作者の作品なので当然といえば当然だが、モンハン作品として読むとブチ切れる人が出るかもしれない。
(どんな安価でも取り込んで話を進めていく技量は流石だとは思うが)

「やる夫がギウラスの犬になるようです」
現行スレッド:
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258909933/
モンスターハンターフロンティアでの初心者ハンターの活動の様子を描いた作品。
上記三作より、登場キャラクターたちの言動が現実(というかメタ)寄り。
なので、ストーリーの展開でアレ?と思うことああるものの、装備のデータ記載、各種ターゲットの攻略法など(やる夫スレを読むのに違和感がなければ)優良なフロンティアガイドとしても読める作品。
登場キャラクターに(やる夫がフロンティアで〜やモンスターハンターやるおに比べると驚くほど)灰汁がないので、その点からも初心者向け。

「やる夫がモンスターハンターP2Gに手を出すようです」
現行スレッド:
http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1269519382/ (スレ容量が低めの板なのでスレ消費が早いことに注意)
まとめ;
やる夫短編集避難所
上記四作とは違い、ゲーム内の世界でのお話ではなく、モンハンをどう攻略していくか?という(今となっては少数派の)ハウツーモノ。
モンスターハンターやるおと同じ作者で、こちらもカオスな展開(特に(ここでも)やらない夫の扱いが酷い)が満載だがハウツーモノからは逸脱していないため、ギウラスの犬になるようですと同様、優良なガイドとしても読める作品。
カオスなことはカオスなのだが変態性は低いので、スプラスティックコメディ系の漫画が好きな人は意外とすんなり読めると予想。

そしてオマケ

「イャンクック 「旧沼地で人間を拾ったんだが」」
現行スレッド:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1267351330/
まとめ:
イャンクック 「旧沼地で人間を拾ったんだが」 ― パー速VIP連載 モンハン創作小説 【SS宝庫】みんなの暇つぶし(ノ^^)八(^^ )ノ
以前、某所からの転載日記で紹介したもの。
SSというかVIP方式SS。
ト書きというかセリフのみで話が進むので”TRPGのリプレイを読むのはきつい”とか言う人にはお勧めできない。
脳内妄想コンバーターを搭載している人向き。
ただし破壊力は抜群で、ハンターが読んだ後どうなるかはココ!やタイトルで検索してみると良いだろう。



posted by 壬風蛙 | Comment(1) | TrackBack(0) | AA駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紹介するの?
Posted by BlogPetの小崙 at 2010年03月31日 15:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。