2010年03月23日

そのまま続行

今使っているブログ投稿クライアントの「xfy Blog Editor」が今年の一月で販売を終了した。
ということは、これ以上新しい機能がつくこともないし、サポートもそう遠くないうちに終了する。
”これはそろそろ乗り換え先を見つける頃合か”ということで、いろいろ検索し、今回は「MetaGateway」「WindowsLiveWriter」を試してみた。
以下、体感による「xfy Blog Editor」との比べての感想。

「MetaGateway」
アカウントの登録が非常に簡単
本当に簡単。
seesaaも忍者もさくっとできた。
タグ投稿ができる
少なくともseesaaのタグクラウドには対応していた。
これは大きい。
そのほかのツールの使い方がxfyとよく似ている
xfyがそこまで独特ではないというのもあるが、直感的に使えるのはありがたい。
最後に一行広告がつく
マイナス、少しだけだが気にかかる。
試験時でそうなのだから、後々気にかかって仕方がなくなる可能性は大きい。
ハイパーリンクの前後が面倒
使い方の癖のせいかもしれないが、ハイパーリンクの後の文章を打つ時はソースモードにして整形しないと、違う部分にもリンクが貼られてしまう。
正直かなりメンドイ。
スクリプトを入れると、後での表示がおかしくなる
ブログ本体ではなくMetaGatewayでの記事確認画面のほうが。
ニコ動の外部プレイヤーの埋め込みもやってみたのだが、記事のほうにはきちんと表示された。
が、MetaGatewayの編集画面でその(実験用)ブログを見ようとすると外部プレイヤーしか表示されない。
seesaaの編集でその外部プレイヤーの部分を削ってもまだそのままだったりする。
独り言ではニコ動の紹介をすることも少なくないので、結構致命的。
”追記”に対応していない
ハイ、消えた!


「WindowsLiveWriter」

基本的なものはxfyとあまり変わらない。
ソフトのツールを使うと入力モードが強制的に半角に
わけが分からない仕様。
編集画面でもscriptが反映表示
ニコ動外部ツールも問題なし。
投稿すると、ブログではどう表示されるかを見れるプレビューモードでも試験時は問題なく表示されていた。
追記に対応
xfyみたいに初めから追記部分があるわけではないが、簡単に追記部分が書ける。
seesaaにタグ投稿ができない
タグ投稿の機能はあるものの、seesaaのそれには対応していない。
再編集・再投稿がやりにくい
これはおそらく慣れでいくらか軽減されると思うが、それでもxfyや(以前使っていた)ユビキャストのに比べると、かなりやりにくい。
対応ブログが少なめ
xfyやMetaGatewayが異様に多いともいえるが、確実に見劣りするのはマイナスポイント。
とくに忍者ブログに対応していない(というか忍者のほうがLiveWriterに対応していない?)のは個人的にきつい。


結論
LiveWriterのバージョンアップに期待しつつ、他のクライアントを探しつつ、xfyを今までどおり使い続ける。
わざわざseesaaにログインしてのタグ投稿は面倒だが、馴れもあって使いやすいので、このまま続行。
xfyの重さは言われているほどあまり気にならない、ノートやネトゲしながら投稿ってのなら別なのだろうけれど。



posted by 壬風蛙 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゑぶ弄り>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。