2009年11月05日

山道で一番厄介なのは

今の住居は竜王山の1/3くらいの高さのところ。
当然、山中を車で走って帰る。
昔はともかく今は道は舗装されているし、場所によっては対向車線がちゃんとあって、道路的に走りづらいと言うことはない。(徳島の道だからすぐ凸凹になるけど)
問題なのは夜走る時、山中の道路をうろつく動物たち。
犬、猫は言うに及ばず、蛇・蛙・沢蟹のような小さいのからイタチ、猪・イノブタ、ハクビシン、狸と最低でも一週間に一回は何かしらが道路を横断縦断してくれやがる。
なかでも厄介なのが 野兎 だ。
まず、こいつは他の動物と違って道路の横に逃げて車を避けるということをまずしない。
(猫は道の半分以上渡っていても元来た場所に戻ろうとするが、それでも道路から逃げようとするだけまし)
更に車の進行方向に逃げる。
過去に道路上に居る野兎に5回以上遭遇したことがあるが、その全部が車が進む方向に逃げてくれやがる。
更には更には、その逃げる時にジグザグに飛んで逃げる。
確かに野兎を捕食しようと追う動物相手なら、その逃げ方は生存率を高めるものだろう。
結局、”こっちはただ道路を通りたいだけなんだ、だから(ジグザグに逃げるのは)かえってウザいんだ”とか思いながら数百メートル彼奴を轢かないようにゆっくりと進むしかない。
彼奴らはある程度逃げると流石に疲れるのかヨロヨロとよろけながら道路横に姿を消す
……
横に行けるんなら最初から行けよ!
もう、全部が全部こうだから野兎は厄介極まりない。

幸いなことにまだ動物を轢いたことはないが、最初に轢くことになるのは絶対野兎だなと確信めいたことを感じている。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。