2009年08月27日

いい子なんだけどね

本屋で見かけたホラーM8月号の表紙が高橋先生だった。
それでふと思い出して探すと、ありました。

早速購入して、読了。

んー……手の目を主人公でしばらく行くのか。
どうしても魔実也と比べるとパンチ力が足りないよな。
扱いやすさは段違いなんだろうけれど(”エサ”さえ用意できれば1シリーズはきちんと働いてくれるメフィストより魔実也は扱いにくそうだ)、せめて影でちらりとでも登場して欲しいなぁ。
学校怪談の時の”素敵なお兄様”みたいに。
手の目もいい女になったし、じゃれに来るくらいはしてくれるんじゃないかしら。
あ、でも、手の目はなまじ面識があるだけそれも難しいか。

しかし、手の目もどんどん正体不明になってきてるなぁ。
登場当初は四半妖か半妖かという感じだったのだが、二巻に載ってる話やホラーM8月号の話からするとそれはかなり怪しい。
その話すら「実は夢でした」という可能性もあるし、どうなることやら。


それはさておき、高橋ワールドで実現しないだろうけれど読んでみたい話が二つ。
青年期の冒険活劇編魔実也(怪奇編魔実也より冒険活劇編魔実也のほうが好き)の話(要はあつこと本格的にくっついた後の話)と、怪奇編魔実也vsと単独編版猫夫人(冒険活劇編の猫夫人は兄・義姉・甥の影響でギャグティストが強すぎるので)。
特に猫夫人vs魔実也はエロ化け猫とエロ悪魔とのどろっどろの騙し合いの後肩透かしお笑いオチがきそうで面白そうなんだけどなぁ。
もっとも今猫婦人描くとムッチムチになりそうだけど…



posted by 壬風蛙 | Comment(5) | TrackBack(0) | 感想駄文>漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新しいの出てるんですね、最近本屋さんに行ってなかったのでノーチェックでした。
というか既刊のも、全然見かけなくて入手できてないのが・・・

>青年期の冒険活劇編魔実也

おひげのお兄さま?(笑)
というよりこの時期のになると、魔子ちゃんが主役になりそう。

>怪奇編魔実也vsと単独編版猫夫人

猫夫人も、夢幻紳士に登場した当初は、まだ昔の雰囲気持ってたんですけどね。
初期の狂四郎様とシリアスタイプの兄妹で登場したら、
いろいろと面白そう。
Posted by Arcadia at 2009年09月06日 20:33
>おひげのお兄さま
いやいや、あの最終回の年齢以前の話を希望なのです。
つか、最終回の魔実也は立派な中年期…

ウィキ読んだら、掲載雑誌が変わるたびに路線が変わってたらしいですな。
俺は「リュウ」の立ち読みで知って、「少年キャプテン」で本格的に追いかけ始めた口です。
あの頃のキャプテンにはガイバーとかカールビンソンとか危険がウォーキングとかありましたなぁ。
(あの頃の連載陣、ほとんど今も活躍してるな。意外とすごいな少年キャプテン)
Posted by 壬風蛙 at 2009年09月07日 06:20
とりあえずアドレス1個投げてみる。
http://www.geocities.com/rinne002/mugen100.htm


>最終回の年齢以前の話

ああ、なるほど、表舞台から消えてから、魔子ちゃんが生まれる前の、
10代後半〜20代ぐらいの頃のお話ね。
怪奇編の魔実也様は基本的にアクションしませんから、
あの容姿でアッコといっしょに、冒険活劇編的なアクションを、って感じ?

>掲載雑誌が変わるたびに路線が変わってた

高橋葉介作品集を揃え、さらに怪奇編を見つけ、
気がつくと怪奇編の方のシリーズが増えてて、

1冊ずつ買ってた時は思わなかったけど(全部同じだと思ってたけど)
まとめて読み返すと、妙に顔や雰囲気が変わってたり、
細かい設定(超能力の程度)が違ってたりするのね。
初期の少年探偵版は暗示能力とかあったけど、
スチャラカ編ではそういうのが無かったり。
単純に「能力を発揮する機会がないだけ」ぐらいにしか思ってなかったけど、設定が微妙に違うのね。

>「リュウ」の立ち読みで知って、「少年キャプテン」で本格的に

そもそも、その雑誌を知らない(笑)
単行本でしか見たことないですね。
あとアニメ版(笑)
Posted by Arcadia at 2009年09月07日 22:40
100質かぁ。
なんかリンク集のページが死んでるのは仕様でしょうか?

<あの容姿
どうだろう?怪奇篇とはまた少し違った容姿に成長すると思いますけどね。
(意識的な)女たらしにはならないだろうし。

http://yousuke.mysterious.jp/takahashiyousukeQ&A/shitumontokaitou.html
ここによると、掲載期間が開いてる場合別作品=別人らしいです。
なので、少年探偵篇、冒険活劇(スチャラカ)篇、怪奇篇、外伝篇の計四人いるものと思われます。
さらに一番新しいの怪奇篇(幻想・逢魔・迷宮)では「影」なる存在も確立(それ以前にもほのめかされてるがあやふやだった)。
まあ、少年探偵篇と外伝篇は知らないんですけどね(w

<その雑誌を
リュウはすぐ本屋から消えてたからなぁ(笑)。(廃刊前に)
田舎の本屋だから、さすがに売れなかったようです。
アニメ版は見たことがないや(^^;
Posted by 壬風蛙 at 2009年09月09日 22:39
てっきり、少年魔実也くんが成長して、青年魔実也様になるんだと思ってました。
なので魔子ちゃん連れて戻ってきたお姿はショッキングでした。
イメージ違う〜〜〜(笑)

>アニメ版は見たことがないや(^^;

ニコニコ動画で見れますよん。
Posted by Arcadia at 2009年09月12日 04:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。