2009年08月27日

いい子なんだけどね

本屋で見かけたホラーM8月号の表紙が高橋先生だった。
それでふと思い出して探すと、ありました。

早速購入して、読了。

んー……手の目を主人公でしばらく行くのか。
どうしても魔実也と比べるとパンチ力が足りないよな。
扱いやすさは段違いなんだろうけれど(”エサ”さえ用意できれば1シリーズはきちんと働いてくれるメフィストより魔実也は扱いにくそうだ)、せめて影でちらりとでも登場して欲しいなぁ。
学校怪談の時の”素敵なお兄様”みたいに。
手の目もいい女になったし、じゃれに来るくらいはしてくれるんじゃないかしら。
あ、でも、手の目はなまじ面識があるだけそれも難しいか。

しかし、手の目もどんどん正体不明になってきてるなぁ。
登場当初は四半妖か半妖かという感じだったのだが、二巻に載ってる話やホラーM8月号の話からするとそれはかなり怪しい。
その話すら「実は夢でした」という可能性もあるし、どうなることやら。


それはさておき、高橋ワールドで実現しないだろうけれど読んでみたい話が二つ。
青年期の冒険活劇編魔実也(怪奇編魔実也より冒険活劇編魔実也のほうが好き)の話(要はあつこと本格的にくっついた後の話)と、怪奇編魔実也vsと単独編版猫夫人(冒険活劇編の猫夫人は兄・義姉・甥の影響でギャグティストが強すぎるので)。
特に猫夫人vs魔実也はエロ化け猫とエロ悪魔とのどろっどろの騙し合いの後肩透かしお笑いオチがきそうで面白そうなんだけどなぁ。
もっとも今猫婦人描くとムッチムチになりそうだけど…

posted by 壬風蛙 | Comment(5) | TrackBack(0) | 感想駄文>漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

究極の選択の一つ


それこそ、十何年前もある二択。
MHFの猟団チャットで気がつくとこの話題になっていることが少なくないので自分の周りだとどうなのかな?と投票ユニットを作ってみた。

俺自身はたけのこの里派で、きのこの山は3年に一回食うか食わないか。
ま、(チョコ系スナックで)最強はパイの実だが。

posted by 壬風蛙 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑駄文>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。