2009年02月02日

ザレゴトイウヨ

なんだかんだ言ってUOマンセーな俺が Hacchiの大冒険: 最後の日・・・ を読んで思い浮かんだ戯言を好き勝手に書いてみる。
と、言っても記事本文ではなく、むしろコメントのほうに反応したのだけれど。

「MMOのコンテンツというのは畑の作物。運営だけに育てさせてユーザーがとって食べてるだけじゃあっという間になくなる(飽きる)のは当然。ユーザーも作れよ」
だいぶ前から思ってるというか、UOでUOでの先輩たちにある時はさりげなく、またあるときははっきりと教えられてきたことを自分なりにまとめたことの一つ。
(去年書き損ねたけど、4/1の企画内でブライトキングダムオンラインのしおにく社長もそういうことを言って(チャットで発言して)いた。”理想だけれど難しくもある”とも)
綺麗なグラフィック、派手な演出、そういうのに惹かれるのも分かるけど(俺も惹かれるから)、それだけだとすぐに飽きが来てしまうものだってことも分かってるんじゃないだろうか。
オンラインゲームでも普通のゲームでも長く遊べる時って「自分らなりの遊び」を作り出して「仲間と一緒に」遊べてる場合が一番多いと俺は思う。

そこでUOマンセーな俺は思う。
2ちゃんの他のゲームのスレでよく「UO?終わってるだろとっくに」とか書いてあるのを少なからず見るわけだが、その度に「それじゃ、聞くけど。その終わってるUOに”作り出す”という観点で優れてるゲームってあるのか?」と思う。「地面・床にアイテムが置け積み上げられるゲームってどれだけあるのか。家を改築して立体迷路にしたり、テーマパーク風にしたり、巨大なオブジェクトに出来るゲームってどれだけあるのか。バザー系イベントがある度に毎回(運動会時に設置するほうの)テントをわざわざGMが設置するゲームがどれだけあるのか。また、ユーザーが作り出した「ゲーム内ゲーム」をそこそこしか流行っていないのに(ユーザーの中には存在自体知らない人もいるのに)公式サポートしてしまうゲームがどれだけあるのか。そのほかにも良くも悪くもユーザーがあそこまで好き勝手できるゲームがどれだけあるのか(悪くも悪くもだったら多そうだが)。」と。

システム(の一部)やグラフィックが謎な改変することなんてしょっちょうだが、そこらの根っこのゲームシステムの柔軟さが異様なほどあるのでなんだかんだ言われ続けてもUOはまだ続いているし、まだ続いていくのだと思う。

運営に改善を求めるってのも重要なユーザーの役割だとは思う。
でも、それだけではね。
ネットゲームのユーザーって100%お客様ではいけない。
あ、いや、金を払っている以上100%お客様だけど、そのゲームを好きになって"この楽しい状態がちょっとでも長続きするといいな”と思ってしまった人は100%お客様ではいけないと思う。
コミケってさ、あれだけの規模であれだけの盛り上がりを維持できているのは(もちろん運営側の努力の賜物というのは言うまでもなく)、”売り手も買い手もコミケの参加者という意識を持っている人がまだまだ多いからではないだろうか。
(参加したことはないが)
ユーザーでも充分にゲームという世界を支えることは出来ると思うのだが、どうだろう?
と、言ってもそんなに大層なことをする必要はないとも思う。
(そういうのは時間に余裕のある才能がある人に任せておけ)
ブログやHPでこういう風な遊び方をしてみた・こういう風な遊びに参加した・こういう風に楽しんでると書くだけで充分だ。
愚痴や不満、文句を書いてもいいけれど、そのゲームを好きだったらそれと同じかそれ以上の楽しいこと楽しかったことを書いてくれないと。
良いイメージと悪いイメージ、断然悪いイメージのほうが定着しやすいのが人間なんだから。

特にオチもまとめもなし。


全部のMMORPGを体験した、知っているというわけではないけれど、それでも少ない知識体験から「UOに近い、ユーザーによる楽しみかたの作成」が出来ているのは…大航海とMoEくらいかな。
どちらもUOとは違う毛色ではあるけれど、ユーザーによる「勝手に自分らででも遊び方作っちゃうよ」度は高い。
(「まて!○○のユーザーだって自分らで遊び方開発しまくってるぞ!」という異論は当然受け付ける)
指輪も割と高めではあると思うし、運営スタッフにもかつてはそういうユーザーだった人がいるのはわかるのだけれど、いかんせん人の数が少ないのでこれから「参加者」になろうという人にはお勧めできないんだよなぁ。
最初はやはりPLイベントとかが盛り上がっている(参加者がおおい)状態じゃないとくじけちゃうから…
(「上級者向き」「素人にはお勧めできない」というやつか??)
もっともそういうのに挫けないバイタリティあふれる人がゴロゴロいるのも事実だけれど、

posted by 壬風蛙 | Comment(4) | TrackBack(0) | 亀駄文>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

テキサスカバーしたいです(BlogPet)

小崙が危険な鉄鱗は効果音へ所持したかったの♪
だけど、冒険挑戦するつもりだった。
でも、テキサスカバーしたいです。
でも、だんきちは出題するつもりだった。
それで小崙は、むーと壬風蛙みたいな敗走しなかった。
それでハウライトと相方とか携帯するはずだったの。
でも、経路へ維持しなかった。
だけど、きょうは、関連を投入しなかった。
それでエントリは撮影されたみたい…
それで個人用へ仕事したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「小崙」が書きました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。