2008年06月10日

師弟というのはいいものだ

まあ、実際は先輩後輩って感覚なんだろうけど。

先のエントリを書き上げたあと、雷句さんのブログを見たら新エントリがあった。

そして、先日の私のブログに書いた「迷惑なんて気にするな!」と言いそうな先輩漫画家さんからのお電話もいただきました。(笑)やはり熱いのですよ・・・あの人。ワハハ。

流石に直接の参戦はできないのだろうけど、すぐさま電話入れてくるなんてやっぱり本当に熱いんだ。
もう、それだけで、そういう人だったんだって再確認できただけで俺は嬉しい。
南のピンチに城が駆けつけたような感じの嬉しさだ。


ふと思ったが、これで島本さんも動いたら連動的にあの夫婦→あの姉妹も動き出すのじゃなかろうか?

posted by 壬風蛙 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット駄雑記>問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

掲載がサンデーじゃなくても当然読むよ(面白かったら)

雷句さんの小学館提訴、既に知っている人も少なくないだろうがまずは一気に関連リンク(自分が知っている分だけだが)を貼っておく。

「(株)小学館を提訴。 雷句誠の今日このごろ。/ウェブリブログ」
「:: HoneyDipped | 4/5:さもしい自分の最後っぺ ::」
「まゆたんブログ:思うこと。」

(以下二点は本人が記したものだという確証は未だない)
「(cache) 橋口たかし 緊急 臨時ブログ|橋口たかしのブログ」
「橋口たかしのブログ」

んで、だらだらと雑感。

まず、原稿紛失問題。
これは大手、弱小かかわらずどこの出版社でも必ずやらかしている。
数人以上の漫画家の単行本を集めている人なら知っている事。
たいていは冗談めかして描かれているが、読み手から見ても生原稿は(どんなに立体的なものでも)ちょっとした財産に感じる、描いた本人なら尚更だろう。
出版社をいくつか替わっている漫画家さんほど、そこには神経質になっているように見受けられる。
(移籍への報復(?)で絶版というのは珍しくなく、移った先で再出版するためにも必要なので)
ブログを書いている橋口さんが本物かかんm騙りかは知らないが、どちらにしても原稿紛失を「この程度」とした時点で語るに落ちたな、と。
たとえ自分の原稿が紙媒体じゃないとしてもだ。
(書いているうちにブログ削除になっていた)

次に雷句さんの陳述書。
すっごい謎。
提出したとは書いてあるのだが、その前に弁護士にちゃんと見せたのだろうか?
提訴の主題の原稿管理の杜撰さや賠償への誠意のなさを訴えるのは、ものすごく有意義な事だと思う。
思うし、その前の段階から書いていったほうが事情を踏まえやすいとの考え(俺の推測に過ぎないが)は分からないでもないが、素人目にはかなり私感情に走りすぎて客観的になれてないように読める。
特に冠氏云々のくだりはなくてもいけるだろう。
少なくとも実名を出す必要はないはず。
(この点においては(自称)橋口さんの指摘はそこまでおかしくないと思う)
あれは本当に弁護士がOK出したのだろうか?
かなり謎だ。

最後に編集者。
編集者の漫画家への(漫画家に原因があったり、表現が下手すぎる場合等を除く)暴言悪態。
これは小学館とかの大手出版社が取り扱う書籍が雑多すぎるのにも原因があるのだと思う。
ファッション誌とか文芸誌作りをしたくて入ったのに漫画雑誌の編集部に入れられたら、そらやさぐれる。
勿論、漫画家―編集員の関係が酷くなっていく原因がそれだけだと言うわけでもないし、そういう理由があったからとしても原稿管理を杜撰にしたり、仕事上の相棒をぞんざいに扱って良い道理にはならない。
絶対に。
ただ、漫画家―編集員の関係がどんどん酷くなっていった原因は編集員だけにあるわけではなくて、会社自体、業界自体にも多々の原因があるのは確かだろう。


ついでに、この件を受けての動きを見てみたい人三人、いや二人。
一人目は雷句さんの師匠筋とも言える、藤田さん。
原稿へのこだわりは(恐らく)雷句さん以上だから、原稿管理の杜撰さ、紛失事件への誠意の見せ方に対しては何か言いたい事があるはずだ。
二人目は島本先生。
燃えろ(吼えろ)ペンなどで(よく考えれば結構洒落にならない)編集員ネタをやっている島本先生の反応を是非とも見てみたい。
漫画でやると、ついギャグに走ってしまうだろうから、できればブログとかで。
(三人目は久米田さんなのだが、何かもう絶望先生のほうで(コマ外の)ネタにしてしまったらしい。どんだけネット見てるんだ(と、思ったら(受ける人が死ぬ)キラーパスを放たれた模様、少し期待))


なんにしろ、漫画家が漫画雑誌や関連誌以外で(ある程度)自由に意見を主張できるようになった今、漫画業界も暗黙の了解とか不文律とかを変えていかないといけないのだろう。
古くても良い慣例は残していって欲しいが。


移籍先はどこが妥当なんだろう?
白泉社は一ツ橋グループか…
秋田か少年画報?



※追記:この件のまとめている所を発見。
『雷句誠が小学館を提訴まとめ』

posted by 壬風蛙 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット駄雑記>問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。