2008年06月04日

ねとレボが良すぎる件について

ねとらじを何回かやっている人には既知の事だとは思うが、ねとレボこと”ねとらじレボリューション”について。
使うたびに便利でありがたくなる。

(DL元)『シャオ志向のページ』

ねとレボの先行版、”ねとらじステーション”も設定等が簡単でねとらじを始めてすぐの頃は使っていた。
放送が良く途切れたり、なぜか機能としてついているエフェクトが使えなかったりしたので、やがてWinamp+OddcastV3に移行した。
(導入準備が少し大変だったが、それさえ終われば案外気楽に放送できた)

そして、二回のPC死亡を経験しあまり望んでいなかったのだがヴィスタ機を購入。
ヴィスタ機の特徴の一つである「ステレオミックス機能がないサウンドカード」を見事引き当て、しばらく苦難の道を歩んだ

やがて、それが大体解決した頃。
ねとらじステーションの後継版(のベータ)が出た事を知った。
(ねとらじステーションはヴィスタ機になってから反応してくれなくなっていた)
それがねとらじレボリューションだった。

さて、本題のねとレボの良くて気に入っている所。
まずは「再接続機能」
急に落ちても安心!
次に「放送情報プリセット機能」
ねとらじステーションからの機能で、番組名、解説、ジャンルなどをプリセットとして保存しておけるというもの。
俺は、内容とかで番組名を使い分けているのでこれはかなり重宝!
続いて「自動放送機能」
スケジューリングをしておけば、自動的に放送を開始したり終了したりしてくれる。
仕事等で放送予定時間にPCの前にいなくても平気!
(勿論事前にソフトを起動しておいて、PCつけっ放しにしておかないといけないが)
某店内BGMはこれで放送している事が多い(つい起動するのを忘れるが)。
そして、「バージョンアップの確認」
ねとレボはバージョンアップするたびに何かしら便利になるのでこれは地味に重要!
更には「混雑検出機能」
livedoorのねっとらじおは複数のポート(MMORPGで言う鯖みたいなもの)を開放してくれているが、どこのポートがどれだけ込んでいるかを調べてくれる機能。
最近ではそこまで数はないが、リスナー数が500近い番組と同じポートになると物理的よりも精神的に辛いので、それを回避できる。
もうひとつ、「カレントステータス」
(Livedoorねとらじの)インデックスに載っているかどうか、リアルタイムに表示する機能で、さらにリスナー数、延べリスナー数、MAXリスナー数も表示。
奇特な人がどれだけいるか知りたいときに便利!
まだ他にもあるが、それは「ねとらじレボリューション特設ページ」を見てもらうとして、ねとレボ最大の凄い所を最後に。
それは…

サウンドカードにステレオミックス機能がなくてもBGMを、更にはスカイプでの放送も可能!!

という点だろう。

続きを読む
posted by 壬風蛙 | Comment(0) | TrackBack(0) | 万紹介駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。