2008年02月09日

ipodって…

ipodは持ってないのに、ipodの(外装)修理費にことに調べてみたら予想以上に書く量が増えたのでついでにエントリーのネタにさせてもらう。


ipodは発売当初から、そのサポート体制が不透明すぎることでも有名だったが、実際に調べてみると、ユーザーでも把握できている人は稀なサポート体制のようだ
それでも「たぶんこれは真実だろう」というのがいくつか分かってきたので、書き留めておく。
(はっきり言って、参考になるかはかなり怪しいが)

・無料交換は保障期間内、「ユーザー過失条件」(http://hakaiya.web.infoseek.co.jp/contents/ipod.html#4)に引っかからないもので、使用に差し障るものに適応される。
・「ユーザー過失条件」まではいかなくても、ユーザーの使用方法に問題ありと見られると有料交換となる。
・電池交換ですら、電池を入れ替えるのではなく本体そのものを交換する。
http://www.apple.com/jp/support/ipod/service/battery/
(なので、外装だけの交換をしてくれるかはきわめて怪しい)

*ipodのバッテリー交換費用は現時点で6800円。外装交換・修理を受け付けてくれるとしたら、この金額に近くなると予測される。
*修理費の質問は多かったが、具体的金額が書かれた答えはバッテリー交換以外はほとんど無しで、大抵「本体価格の5〜7割くらいかかります」といったものだった。

で、これらのことからの自分なりのipodの外装修理についての意見を書くと…
「傷が目立つものでなければ、今からでもアクセサリーのカバーやケースを買って装着する。
傷が目立つ、使用の邪魔になるものなら、勇気を出してサポートセンターに電話。
傷が酷いもの、外装をあけたように見えるもの(改造とみなされてしまう)でなければ無料交換の目は高い。
なお、本体交換は本当に交換だけなので、修理等に出す際は面倒でも曲とかのデータをPCなり何なりに移してしておくのが無難」
と、いったところか。


調べて分かった限りでは、ipodの修理費用(というか交換費用)は0か6800円か(最新機種の)本体価格の三つしかなかった。
どうも「ipodの修理」とは「ipodの交換」という意味のapple社用語らしい。
サポートしてないとは言わないが、充実してるとは到底言えない気がする。

posted by 壬風蛙 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット駄雑記>見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蛙(BlogPet)

きょう小崙は、壬風蛙とお世話がレベルアップしたかった。

*このエントリは、ブログペットの「小崙」が書きました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。