2007年06月16日

無駄なことほど

はまると面白い。

ここ数日、なぜか忙しくてネトゲがまともにできなかった。
昼には小一時間くらいの余裕はあったのだが、夜がほぼ壊滅だったからだ。
そんな時、日本(の一部)が欧米の物好きな国相手に丁々発止の戦い(というか競争) を繰り広げているのを知った。

その戦場ともいえるのは、イギリスの人(イアン)が立ち上げた国別に分かれてクリック数を争うだけというゲーム。
『ClickClickClick』
まとめwikiを見ると、 GAME2はポーランドとチリとトップを競い勝利。
GAME3はチリ、そして最大のライバルとなるハンガリーと争い、土壇場での逆転勝利。
しかし、勢いづいたはずのGAME4では国ぐるみ(ともいえる)で盛り上がったハンガリーの猛攻の前に敗北を決する。
一ヶ月ちょいの間しかない歴史だが、かなり熱いものがある。

ただ、クリックするだけというシンプルかつ(時間の)無駄なゲーム。
だが、いったんはまるとなかなか抜け出せない熱さもある不思議さ。
それでいて、ライバルのハンガリーや他国との交流も行われている。
単純な行為がゆえに、同国の人間はおろか他国の人間とも(擬似的)一体感が持ちやすいのだろうか。

だんだんツール開発合戦の様相をかもし出してきているが、それでもまだ熱いクリック×3。
それでもライバルハンガリーの猛攻の気配と突如頭角を現した台湾の存在が日本参戦者の盛り上がりを持続させてくれている。

該当スレッドを読んでいて面白かったのは、朝の6時ごろに就業時刻の8時までの間に10人近くの人間で十数台のPCを駆使し参戦していた、 アプリ開発部。
この余力のあり加減は、会社にとって吉なのやら凶なのやら…

続きを読む
posted by 壬風蛙 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑駄文>日記ぽいの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。