2007年01月11日

わっくどん、みっくどん

昨日の続き

結局、アップデートが終わったのは2:30だった。
4時から家の仕事がなかったら、諦めて寝てたなこれは。

アップデートが終わると早速蛙を作ろうとしてみた。

eq_start001.jpg
フェイしか作れない…
"新作の無料トライアルだから、しかたがないか"と、フェイで作り進めることにした。

EQ2のキャラ作成は外見調整がメインのようだ。
eq_start002.jpg
異種族キャラが豊富なEQ2らしく、調整ポイントもその種族種族らしさを弄れる。
最終的には下のような外見にしてレンジャーを選ぶ。
eq_start007.jpg
eq_start009.jpg
(髪が)白ショートで弓使いとなれば、名前はあれに決まっている。

さて、できたキャラで遊んでみようかと思った時、ふと思った。
"さっき種族選択で影になってたところにカーソル合わせたら、「最初はフェイしか選べません」とかいったような英文が出てきたな"
そこで、ノーラスに降り立つのをいったんやめて、もう一度キャラ作成を選ぶ。


この種族の多様さがEQの魅力の一つ
蛙が出てきましたよ!!
さあ、2キャラ目を作るぞ!

eq_start014.jpgeq_start020.jpg
(肌の模様が独特な名前で面白い)
そして、誕生
eq_start023.jpg
Micdown(ミックドゥン)。
何でこの名かと言うと…
うちの田舎じゃ、大きいヒキガエルのことをワックドンと言う。
それと、ミフカエルを混ぜてミックドン。
クラスはプリースト−ドルイド系のウォーデンを選択した。
死ににくい回復系が好きだからというのもあるが(それでも死にまくるだろうが)、某墜落日誌で「狼に変身できる」というのを見た気がしたからだ。

さて、いざノーラスはケイノスに!
eq_start025.jpg
まずはアントニア。
UOで言うところのヘイヴンらしい。
肝心の操作法は始める前の読みどおり移動方はDDOとほぼ一緒だった。
(というかDDOの方がEQに倣ったのだろうが)
eq_start030.jpg
戦闘法は違うようなので、レクチャーキャラに会い教えてもらう(それが初期クエストの最初のだったりしたし)
取説(みたいなの)を読まない代わりに初期クエはきちんとしてみる。
と、大体だが分かってきたし、装備も(見た目だけは)らしくなってきた。
eq_start031.jpg
今回のログインでは最終的にこんな感じになった。
クロノ・トリガーにはでていない はず


この記事に記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。 EverQuest is a registered trademark of Sony Computer Entertainment America Inc. in the United States and/or other countries. (c) 2005 Sony Computer Entertainment America Inc.All Rights Reserved. | theme design Narito
掲載中の画像は『EverQuest II』で撮影されたものです。当コンテンツの再利用(再転載・配布等)は禁じます。

EQ2 - トラックバック・ ピープル



posted by 壬風蛙 | Comment(4) | TrackBack(0) | 亀駄文>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。