2006年10月30日

パラリらパラリら

「パラリシヤン」や「パラリシャン」ならともかく、「パロリシャン」なんて野次にもなりやしない。
あからさまに批判してるのならともかく、いや批判していても個人サイトでの事をどうこうできるわけがない。
中傷ならまた別だが
そもそも”代理者”とやらは「パラリシャンの中の人が嫌いだから、パロリシャンを利用した」に過ぎない可能性があるし。
中の人はその確認のメールをしたと書き込んでるが、パロリの方のトップにでていることを信じるなら、 頭っから決め付けているとしか思えない文章だ。
あの文章が捏造や一部抜出などでない限り、あの文章は「確認」の文章とは到底いえない。
もし、それを主張するなら…本屋に行くなり、検索することをお勧めしたい。

http://www.krakozhia.com/tom/parorisyan/
http://pararisyan.sakura.ne.jp/uo/cgi-bin/c-board3/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=29608;id=picture
(↑14:30時点のを保存してみた)

posted by 壬風蛙 | Comment(0) | TrackBack(0) | UO駄文>問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

これで初級くらいじゃなかろうか

折角リラさんがピンポイントで追加してくれていたことだし、やってみることにする。
Chainさんのところでも大口叩いたし。

オタクバトン

見た人は気が向いて暇ならやる事。
ただ基本ルールとして答え終わったら最後に一つ追加する。
◎:キャラもストーリーも知ってる
○:だいたい知ってる
●:ちょっと見ただけ
△:聞いたことある
×:全く知らない

続きを読む
posted by 壬風蛙 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑駄文>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よりやはり速攻生徒会だ(BlogPet)

そういえば、壬風蛙が「ページに「悪1013より」というコピーがあったけど、俺的には悪1013よりやはり速攻生徒会だ。とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の 「小崙」 が書きました。

2006年10月27日

「ピューと吹く!ジャガー」第260笛

不適切てゆーとるばってんが、ジゴジゴゆーたくらいでなんが不適切かなぁ。
バラエティとか見れば、いっぴゃーじごのでとろうもん。
そるに、ジゴがうつっとったわけでもなかし、ほなこつにジゴがうつっとってそるがきたなかなら不適切かもしれんばってんがなぁ。
そるか「ジゴんず」が「ジゴんす」だったんなら、そらぁ確かに不適切ばい。
ん、テレビでじごんすじごんすいうたらいかん。
天草テレビでたっちゃぁ放送事故扱いになるだろて。
そるばってんが、ジゴくらいはよかっちゃなかね?
おるはそぎゃん思うな。

しかしまぁ、よう天草が熊本ってしっとったなぁ。
同じ九州の人でん、「天草って長崎県だっけ?」とかゆうとに。
うすたさんは熊本んもんなんかなぁ?


方言を書くのは相変わらず難しい。
しかもどうも天草弁にかなり阿波弁が侵食して来てるような…

posted by 壬風蛙 | Comment(4) | TrackBack(0) | 感想駄文>漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

巨人と戦うの好きです

最近のDDO。

少し前までは、タングルによく行っていたのだが
tangl-dance00.gif
今は専ら、スレナルにいっている。
Ashiroのキャラレベルが6でデスペナxpが300点くらいなので、スレナルの外をうろついてる巨人がいい補填になるからだ。
(4回に1回は返り討ちにあっているが)
まあ、そういう風にマーケットプレイスのクエストを一人で挑戦し、途中で倒れスレナルに逝っていると、同じギルドのレアルさんが合流。
そこで、スレナルにあるベースキャンプ(?)のクンダラ勢のクエストに挑戦することに。

一番最初のシナリオ(行動途中の土砂を退かす為の火薬(?)を技術者に届けるもの)で、 ウーズに(装備を)ぼこぼこにされAshiroマーケットプレイスに半泣きで逃げ帰る羽目に。
ぼろぼろになった、ハンマーと盾と斧を直している最中レアルさんはどこかのダンジョンに突入しているのが分かる。
"最初のだけで戻ることになったから、ウサ晴らしか?"とか思っていた矢先にレアルさんマックペインを入手のシステムメッセージが。
遅まきながら”マックベイナー”になった!
"確かに撤退する時に「ウーズにはマックペインやで」とか言ってたけど、わざわざとりに行ってたのか!?
しかも自分用の時は5回も6回も掛かってたのに、他人の時は一発かい!!
UOでもそうだったけど、この人は根っからのつくし君かもしれない…"
などと(少しばかり)失礼なことを考えながらもしっかりと貰えるものは貰っておいた。
妙にDDOの盾にはまり、片時も外さない俺にとってはこれは本当にありがたい。
今後はどんなにレアルさんが突っ込んで行っても、必死に追いかけてキュアさせて貰おうと心の中で誓うだけは誓ってみた。


その翌々日。
今度はレニーさんも加わり、同じクエストに挑戦。
3人、しかもギルドでは間違いなくトップの腕前のレニーさんがいるおかげで最初のシナリオは余裕でクリア。
続いて、2番目のクエスト(モンスに拉致られら先の技術者を救出)に挑戦。
特に強い敵はいなかったので技術者の下にはさくっと到着。
w-dwarf.jpg
フレッシュ・レンダーとかいったはずの山羊角は通り魔と思うほどのすれ違いざまの攻撃を見せたり、休息の神殿まで入ってきたり、「ん゙〜、 ん゙〜」唸ってたりと別の意味で怖かったが・・・
ドワーフの技術者を無事連れて行く方法は、既に分かっていたので(この日1番目のシナリオの前に何故か2番目のシナリオに挑戦した上、 技術者を召還火犬とモンスで殺してしまったため…)
先行して掃除する役と、後から技術者を連れて行く役に分かれて出口を目指す。
runaway.jpg
今度は技術者のLPを1点たりとも減らすことなく無事脱出。
xpr-rescue.jpg
このシナリオ、通常のとは違う緊張感があって個人的にかなり気に入った。
確かに面倒なことは面倒なのだが。


ところで、少し前にアシッド完全耐性のネックレスを手に入れたのだが、
resistance-acid.jpg
これって蜘蛛の毒にも有効なのだろうか?
ここのダンジョンで結構蜘蛛と戦ったのだが、レニーさんとレアルさんはまめに毒を喰らってたのにAshiroは一回も貰わなかった。
もし蜘蛛毒にも効くなら、これはかなり嬉しいのだが…


ん?そういえばSTKクリアしていなかったような…

posted by 壬風蛙 | Comment(4) | TrackBack(0) | 亀駄文>ッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

パーツ右往左往

前回紹介していた『BLOG APARTMENTs|ブログ アパートメンツ』のGameランダムランチャーを蔵のほうに仮設置していたのだが、ゲームが増えたのを機に” BLOG-accessory'”に移転。
シンプルだけどはまるゲームが多いので、やってみて欲しい。

近いうちにタグフレとBLOPPAは外す予定。

posted by 壬風蛙 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゑぶ弄り>Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

赤塚pop

朝目グラフでJOJO特集があって、そこで『インチキチン』というところを知る。
ここの”ジョジョの奇妙な2.5頭身”を気に入って、ツマミの替わりの壁紙にした。(秋っぽい色合いだったし)
それを見ながら思ったのは、”やっぱり、赤塚不二夫先生の絵ってジャパニーズポップアートだよな”と言うことだったりした。
動物系のキャラより、人間キャラの方がその感じが強い気がする。
赤塚先生の彩色は比較的ノーマルだけど、ちょっとそれ風にすれば十二分に通用するよなぁ。
でもまあ、あの人のことだからそういう試みはとっくにやってみてるだろう。
以前、バカボンでピカソ風なのをやってたのは見たことあるのだが、ポップアート風のカラー版を一度見てみたいものだ。

きょうは(BlogPet)

きょうは、小崙が俳句を詠んでみようと思うの
金時や 美味いのだがなぁ 売り切れる

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の 「小崙」 が書きました。

(※ 改行修正済み)

2006年10月21日

EAJの読みの甘さがこんなところにも

さて、各シャードのブリタニア市の新市長が決定したわけだが、見事なほどにフィニガン全落選。
恐らくEAJは一つか二つかのシャードでフィニガンは生き残ると踏んでいたのだろう。
そうでなければ、あのキャラクター(天然のくせに他シャードの自分と作戦会議する狡猾さも持っている)のフィニガンが自分から 「民意を問いましょう」などと言い出すわけがない。
そして、辞任後選挙活動しないわけがない。
EAJの目論見としては「あそことあそことあそこはタロン、そことこことここはシルビア、残りはフィニガン。個性が出ていいですね」 と終わりたかったに違いない。
大甘だ。
5年前の”西部農業地区の緊急保護措置”という名のマフィン地獄を始め、 事ある毎の暴走をどうして忘れるんだと言いたい。
しかもその暴走の半分は微妙なレベルの私欲。
怒るに怒りきれないストレスが新旧ユーザー問わず、無意識に積み重なっているのを気づいてないのだったら、困る…どころか呆れるレベルだ。
本来暴走したキャラはそのツケが自分に回ってくるから、笑って許されるのだ。
だが、フィニガンは大抵自分の権威を振りかざしなし崩しにしてしまっている。(前回の食料収集の時せっせとシャツを縫うなどの行為で挽回できそうだったのだが、 その後自分でぶち壊した)
それを好意的に取る人間は少ない。
その挙句にこの機会。
今回の結果、当然至極のものと言えるだろう。

…とは言え、ここまでボロ負けするとは思わなかった。
瑞穂ではニッフムがちらちらとフィニガンへの非選挙運動をしていたのだが、なんか気の毒にすら思えてきた…

だからと言って、11月1日以降に何らかの問題を起こして返り咲きするのも興ざめだ。
ここは、また一からやり直しどこぞの街の長に収まって、また暴走するのが彼らしい行動だとおもう。
蛇に襲われまくってぼろぼろになったであろうパプアの偉い人になって、復興を目指してみてはどうだろうか?
あそこなら、変り種マフィンも作れそうだし。

有断リンクの愚考察

俺がネットを始めた5年前のころから(恐らくそれ以前から)、連綿と続いている「無断リンクすんな!」議論。
もっとも本気で「無断リンクすんな!」と叫んでいるのは、ごくごく一部なのも前から変わらない訳だが。

無断リンクは仕様と言うのがWWWの設計思想(?)らしいので、「「リンクを張った時に断りを入れる」 人はどういう意図があるのか?」と言うのを、 自分とその周りと過去に見た事がある関わりがないBBSの書き込みを踏まえて愚考してみようと思う。

…とはいうものの、俺の頭ではこれだけしか出てこなかった。
「相手とのより深い交流のチャンスを積極的に得たいから」
宣伝とか、向こうからもリンクを張って欲しいからとかも含めた上での交流。

自分がぜんぜんできないジャンルで尊敬の域まで行ってる人にはいちいちリンク如きで手を煩わせて欲しくないと思ってしまう。
(勿論、「リンクしたら一言欲しい」と書かれていたらするが)
また、そのサイトのそのページの情報だけ欲しい時、管理・運営人には何の感慨も持っていない場合は場合で、断りは入れない。
逆に管理・運営人と(一方的にかもしれないが)仲良くしたい時は、「リンク張りました」の断りは必ず入れている。

言わば「リンク張りました」の断りは、「こんにちは、初めまして」との書き込みより管理・運営人との交流に一歩深く入っていける取っ掛かり。
リンクを張られた数はそのサイト自体の(いろいろな意味での)魅力の度合いを測る一つの例であり、その中での断りを貰えた数の割合は管理・ 運営人自身のネット上での魅力の度合いを測るものなのかもしれない。
(当然、「無断リンク禁止!」とかない場合に限る)


逆に「無断リンク禁止!」と言うサイトで断りを入れる人の中には、「その管理・ 運営人と険悪になりたくない」からただ書いてるという人も少なくないだろう。

posted by 壬風蛙 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット駄雑記>見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。